転倒予防について

高齢化の時代が生んだ商品、転倒予防靴下転倒防止靴下)とは?

方麻痺患者様の転倒予防靴下着用時の歩行実験

 

人が転倒する原因を考える

高齢者介護・福祉、リハビリの現場で転倒予防転倒防止対策が課題となっています。

高齢者は骨が弱くなるため一度の転倒で大きなケガにつながる場合があり、リハビリ・治療中の患者さんは回復を遅らせる原因となってしまいます。そこでどんな小さな問題についても、高齢者介護・福祉の現場では多くの研究がなされ様々なアイデアが開発されてきております。

 

まず高齢者・障害者などの現場で転倒する原因は主に2点です。

第1に環境的要因。

転倒は滑りやすさが原因:地面の状態がポイント。


滑りやすい地面では転倒が起こりやすくなります。摩擦(まさつ)は、相対的に運動している物質間(少なくとも片方が固体である現象を扱うことが多い)に働く現象で、実際の物体では、接触面に垂直な成分を持つ力があれば、相対的に静止していても摩擦が発生しています。私たちの手のひらが物を掴むことができるのは指紋による強い静止摩擦のおかげであり。摩擦力は「質量」×「設置面積」×「摩擦係数」で決まり、摩擦係数が高い地点ではかかる重さが少なくても大きな摩擦力が働く。

 

転倒事故の問題が多くの人々に考えるようになり、始めは転倒予防を防ぐためにスリップを防止するための手段が多くとられました。床や地面においては雨天時に濡れた床でスリップ事故を防ぐための法律「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律(ハートビル法)1994年」などが出来、摩擦がない場所での危険性を法的に改善していこうという取り組みがなされました。室内での転倒を予防するため室内のバリアフリー化や摩擦係数の高いスリッパや足裏にゴムのついた靴下などの用具が生まれました。

 

第2に身体的要因。

転倒はつまずきが原因:突起物のすくない環境と、歩行時の足の動き方がポイント。


第2の原因として転倒は人が歩くときにつまずくことで起こります。高齢者介護などの現場では良く分かるように、人は年を取っていくにつれ、足を持ち上げる筋力が弱くなり、骨の強度も弱くなるため歩行方法がすり足のようになってきます。

 

そこで、高齢者介護・福祉の現場では、つまずきの原因となる段差などを無くすため介護の現場や施設でバリアフリーが進められ、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)2006年」なども生まれ、転倒事故の原因となるものを防ぐ、転倒防止対策の取り組みが国をあげて行われるようになり、転倒事故の環境的原因は解消されつつあります。

 

しかし、高齢者の転倒事故というのは段差5mm~1cm程度のバリアフリーの環境でも転倒事故は起きることがわかり、近年では歩行方法を改善する転倒予防教室やウォーキング教室など、研究の対象が歩き方に向かい始めました。

 

転倒における危険性について

人間は年をとるにつれ、骨や反射能力が弱くなります。万が一転倒してしまったときに反射的に受身を取れず、そして、特に女性の方に多い骨粗しょう症(骨粗鬆症)などで骨がもろくなっているため、その結果大きなケガをしてしまうことがあります。

 

リハビリ中、治療中の患者さんや障害者の方に関してはケガにより回復までの期間が遅くなったりする場合がありますが、反射能力や、骨に異常がない場合は大きなダメージを回避できることが多いです。そのため転倒予防の必要性が求められております。

 

骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは?

加齢などに伴い、骨がスカスカになってしまう病気です。

特に女性に多い病気ですが、女性は50歳を過ぎた頃から、閉経によって、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減ります。男性は、男性ホルモンの分泌が80歳くらいまで続きますが、それぞれの性ホルモンが骨に大きな影響を与えています。

変化はまず背中などやわらかい骨が多い部分から起こり、骨が弱く、折れやすくなり、それによって様々な問題を引き起こします。

中でも最も大きい問題は、高齢者は治癒力も落ちるために一度骨折すると回復に時間がかかり、体を使わないうちにさらに筋力が落ちるような悪循環になりかねません。

 

歩き方を改善する!高齢者・介護の「転倒予防対策」研究最前線

転倒予防に関しての環境的問題は昨今様々な取り組みや法整備がなされ、建築・建設業界、多くのサービスの現場でかなりの環境改善が進んできております。

しかし、最先端の研究ではその先を進み、歩き方を矯正してしまうための商品が生まれ始めました。その中で、転倒予防の研究で注目されてきたのが転倒予防靴下転倒防止靴下)です。

 

広島大学大学院保健学研究科共同研究開発 転倒予防靴下

 

転倒予防靴下購入のお問い合せ、販売代理店の加入方法に関しては「購入方法」をご覧ください。

 

製造元:株式会社コーポレーションパールスター http://corporation-pearlstar.com/

販売元:株式会社リリーネット http://kutsushita.co.jp/

特定商取引に関する法律に基づく表記:http://転倒予防.jp/commercial/

転倒予防.jp - 連載コラム

第16回転倒予防靴下着用による予防医療の効果について

県立安芸津病院は転倒予防靴下着用による予防医療の効果についての調査研究を第9回転倒予防医学研究会で発…

第15回年間7000人を上回る人が命を落とす転倒事故。

足の「冷え」が転倒を招く! 実は足裏のセンサーからの情報は、温度が低いと脳に伝わりづらくなります。女…

第14回脳出血、脳梗塞、くも膜下出血による後遺症の麻痺(まひ)の新治療法とは

ボツリヌス療法について ボツリヌス菌の毒素を薄めて精製した薬を注射して、硬くこわばった筋肉を柔らかく…

第13回痛み軽減の秘策は貧乏ゆすり!?

痛み軽減の秘策は貧乏ゆすり!? 負担のかかる場所だけに、痛みが出ると対策が難しいのも股関節の特徴で…

第12回中高年 太極拳に転倒予防効果あることが米大学医学部で判明

白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。アンチエイジングの第…


外反母趾靴下・転倒防止靴下通販の広島フットケア転倒防止靴下・外反母趾靴下のリリーネット