高齢者・介護の重点課題が転倒事故対策

介護の現場での老人の転倒予防は非常に大きな問題であり、介護・福祉の現場でさまざまな対策がとられてきております。

高齢者の場合では

転倒事故の主な原因がつまずきといわれており、最近では当然のようにバリアフリーなどが導入されています。

介護・福祉の現場では

転倒事故による対策として、靴下の足裏にゴムの滑り止めをつけてみたり、滑り止め対策を行っていますが、しか し、実際の現場ではバリアフリーの床にある絨毯などの1cm程度のわずかな段差でも転倒事故が起こるのがわかってきました。

リハビリの現場では

歩行の訓練のほかに、補装具の研究もなされ、方麻痺の患者や病気や怪我で歩行に障害を持っている方には歩行訓練対策としての靴下が受け入れられてきています。

このような問題を解決するために様々な研究が始まっています。


転倒予防.jp - 連載コラム

第16回転倒予防靴下着用による予防医療の効果について

県立安芸津病院は転倒予防靴下着用による予防医療の効果についての調査研究を第9回転倒予防医学研究会で発…

第15回年間7000人を上回る人が命を落とす転倒事故。

足の「冷え」が転倒を招く! 実は足裏のセンサーからの情報は、温度が低いと脳に伝わりづらくなります。女…

第14回脳出血、脳梗塞、くも膜下出血による後遺症の麻痺(まひ)の新治療法とは

ボツリヌス療法について ボツリヌス菌の毒素を薄めて精製した薬を注射して、硬くこわばった筋肉を柔らかく…

第13回痛み軽減の秘策は貧乏ゆすり!?

痛み軽減の秘策は貧乏ゆすり!? 負担のかかる場所だけに、痛みが出ると対策が難しいのも股関節の特徴で…

第12回中高年 太極拳に転倒予防効果あることが米大学医学部で判明

白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。アンチエイジングの第…


外反母趾靴下・転倒防止靴下通販の広島フットケア転倒防止靴下・外反母趾靴下のリリーネット